毛穴のことで悩んでいる場合は

顔だけで20万個もある毛穴

毛穴の数は生まれたときからほとんど増えることはなく、皮脂の分泌量は遺伝によるものが大きいです。

  1. メールで相談する
  2. カウンセリング予約をする

毛穴とは?
毛穴の数

毛穴の数

毛穴の悩みには、毛穴の凹凸、黒ずみ、角栓が目立つ、表面がザラザラしている、皮脂が異常に分泌するためいつも肌がテカっている・・・など実に多岐にわたっています。

では、毛穴はいったいどのくらいの数があるのでしょうか?
毛穴という字には“穴”という漢字が使われているため、毛が生えてくる穴だと勘違いしている方がほとんどです。しかし、医学的には、毛穴は皮膚が落ち込んでできた“くぼみ”で、「毛包(もうほう)」と呼ばれています。

私たちの身体には無数の毛穴がありますが、その数は、顔だけでも約20万個になると言われています。とくに顔の中でも、Tゾーンと呼ばれるオデコと鼻の部分は、他よりも毛穴の数が約7倍も多いのです。乾燥肌なのにTゾーンだけ皮脂が多い・・・という方の場合も、毛穴の数が影響しているからなのです。

部位別に見てみると、皮脂の分泌が多いオデコや鼻は毛穴の数も多く、皮脂の分泌が少ないまぶたなどは毛穴の数も少なくなっています。オデコは前髪が触れていたり、鼻は風邪を引けばティッシュで噛んだりという、刺激を受ける回数や状況が多い場所でもあり、その分、毛穴も身を守るために必死になって皮脂を分泌しているのです。

また、毛穴は部位によって、その数と同様に開き具合も違ってきます。驚くことに、皮脂の分泌量は遺伝によって決まっていることが多く、毛穴の数も生まれたばかりの赤ちゃん時代からほぼ増えることはないと言われています。一方で、赤ちゃんのときにクーラーなどの効いた涼しい部屋で過ごした場合に毛穴や汗腺の数は少なく、クーラーなどのない自然環境で過ごした赤ちゃんに毛穴や汗腺の数が多く、オイリースキンになりやすいという説もあります。ただし、遺伝によるところの影響のほうが多く、それに環境がプラスされていると考えたほうがいいでしょう。ちなみに、体の中でもっとも皮脂の分泌が活発なのは頭で、その次が顔になります。

  • メール相談やカウンセリングをご検討の方