毛穴や黒ずみに関する専門サイト

20代の悩みは毛穴のつまり・角栓・黒ずみ

洗顔不足のほかにも、甘いもの・脂っぽいもの・お酒の食べ飲みすぎも皮脂の過剰分泌の原因です

  1. メールで相談する
  2. カウンセリング予約をする

年代別毛穴の悩み
20代

20代

ある調査によると、20代の毛穴の悩みは1位が「角栓」、2位が「黒ずみ」、3位が「毛穴の開き」となっています。20代は、まだまだ皮脂の分泌が盛んです。スキンケアをきちんとすることで皮脂の分泌を抑えることもできます。逆に、間違ったスキンケアにより、毛穴に詰まった皮脂や角質、汗やホコリや老廃物が残っていると、毛穴は詰まり、黒ずみやニキビの原因となります。

とくに20代前半は、皮脂の分泌が活発なため毛穴が開きっぱなしになっている方が多いのです。20代になると、毛穴が目立つ部分は鼻を中心に、小鼻の黒ずみも気になってきます。Tゾーンによく見られる黒いプツプツが角栓です。角栓は、皮脂や古くなった角質などの汚れが混ざってできたもの。そのまま放置しておくと、次第に硬く頑固な塊となり、毛穴自体が大きくなってしまうこともあります。

角栓ができてしまう主な原因は、洗顔不足や間違ったスキンケアです。皮脂は油ですので洗顔料にはオイルタイプのものを選び、顔を濡らさずメイクになじませるのがポイント。濡れているとオイルが毛穴の汚れを吸着しにくくなります。すすぎは十分に行い、タオルで水分をやさしくふき取りましょう。また、3日に1回は蒸しタオルでのスチームパックがおすすめです。蒸しタオルで開ききった毛穴は角栓も取れやすくなります。

スキンケア以外には、ケーキなどの甘い物や油っぽいもの、お酒の飲み過ぎも皮脂の分泌を過剰にします。ストレスもたまりすぎると、男性ホルモンの分泌が多くなり皮脂の分泌が過剰になりやすく、黒ずみ毛穴の原因にもなりますので適度にストレスを発散しましょう。

20代の頃は、スキンケアや食生活などで改善されるケースもありますが、毛穴の開きが気になり始める年代でもあります。今から予防として肌細胞レベルでの手軽な方法としておすすめなのが「グロースファクター」です。価格も手ごろですし施術も5分ほどで終わります。ヒアルロン酸やコラーゲンを注入する方法と違い、肌細胞自体の再生を促す施術です。また、毛穴をキュッと引き締める「ポラリス」や、肌のコンディションを総合的に整える「フラクセル2」などもおすすめです。

  • メール相談やカウンセリングをご検討の方