毛穴の治療や予防を考えるなら

たるみ毛穴が増え始まる30代

体の外からのケア・予防だけではなく、体の内部からもケアしてあげることも大切です。

  1. メールで相談する
  2. カウンセリング予約をする

年代別毛穴の悩み
30代

30代

ある調査によると、30代の毛穴の悩みは1位が「毛穴の開き」、2位が「角栓」、3位が「大きさ」となっています。30代になると皮脂の分泌は、20代の頃に比べて減ってきます。また加齢により肌が乾燥しやすくなり、毛穴の周りの肌細胞が縮まることで、余計に毛穴が目立つようになってきます。肌の弾力とハリを保つコラーゲンやエラスチンも減少してくるため、肌のたるみが毛穴を余計に大きくしてしまうのです。このように、30歳を過ぎた頃から、だんだんとたるみによる毛穴の開きが気になるようになってきますが、とくに20代後半から30代前半は、過剰な皮脂と加齢により毛穴にとってはダブルパンチだと言えます。

30代の毛穴の開きは、鼻から頬へと毛穴が目立つ部分が広がってきます。頬に縦長の涙の形をした毛穴を発見したら、それがたるみ毛穴です。たるみ毛穴は、加齢や紫外線などの影響で、肌の弾力とハリを保つコラーゲンやエラスチンが減少するために起こります。黒ずみ毛穴や角栓毛穴とは根本的に原因が違いますので、10代、20代の頃と同じスキンケアを続けていては、たるみ毛穴を解消することは難しくなります。

30代からの毛穴対策は、体の外からも中からもケアしてあげることが大切です。次のような点に気をつけた生活を心がることで、たるみ毛穴対策へとつながります。

  1. 水分をたっぷりと補給してあげる
  2. バランスの良い食生活
  3. 睡眠を十分にとる
  4. ストレスをためこまないようにする
  5. タバコは極力控えるかやめる
  6. 豊かな表情や顔ストレッチで筋肉を鍛えてあげる
  7. 紫外線対策をしっかりとする

ただし、毛穴の開きをこれ以上大きくしたくないという方には、「サーマクール」や「ポラリス」がおすすめです。サーマクールは、加齢によりたるんできた肌を引き締める“切らないリフトアップ”として人気の高い施術です。ポラリスは毛穴の開きと同時に、しわやたるみなどにも効果があります。いずれも施術時間も短く、術後すぐにメイクもできますのでお仕事帰りや買い物の途中でも気軽に受けられます。

  • メール相談やカウンセリングをご検討の方