アンチエイジングに毛穴治療

乾燥も原因のひとつの毛穴の開きとたるみ

加齢以外のも原因が多々あります。縦長の毛穴があったら早めのケアしたほうがいいでしょう。

  1. メールで相談する
  2. カウンセリング予約をする

毛穴の種類
毛穴の開き・たるみ

毛穴の開き・たるみ

毛穴の開きやたるみはとても気になります。毛穴の開きは、そのほとんどが皮脂によって起こります。分泌される皮脂の量が多ければ多いほど、それだけ皮脂の出口となる毛穴も大きくなってしまいます。とくに夕方は、「コルチコイド」というホルモンが分泌されるため、個人差はあるものの誰でも自然と毛穴が開いて見えます。

では、開いた毛穴の形に注目してみましょう。最近、よく使われる言葉に「たるみ毛穴」があります。たるみ毛穴の場合、毛穴の形は丸ではなく細長い楕円形になるのが特徴です。その主な原因は老化ですが、紫外線や乾燥などもたるみ毛穴になりやすいので注意が必要です。これらの原因で、肌の弾力やハリを保つ真皮層のコラーゲンが減少し、毛穴の回りを支える力が衰えてしまい、筋肉や皮下脂肪が下がることで顔全体のたるみによって毛穴も縦長にたるんでしまった結果が「たるみ毛穴」なのです。

  • 毛穴が縦長に楕円形になってきた
  • 肌のハリや弾力がなくなってきた
  • 顔全体がたるんできた

こんな方は、たるみ毛穴予備軍です。
タバコを1日1箱以上吸う方の場合、毛穴の開きは年齢以上に進んでいる可能性があります。手羽先や魚の煮こごりなど、コラーゲンの多く含まれている食べ物や、イチゴやキウィ、かんきつ類などコラーゲンの産生を促すビタミンCを多く含む果物を食べるようにしましょう。

最近では、働く女性に毛穴の開きが目立つ方が多いとも言われています。それは、働く女性はストレスにさらされ、どうしても皮脂を作り出す男性ホルモンが優位になりやすいから。ストレスを受けると、細胞に栄養が行き渡らなくなるため、肌の弾力やハリを保つコラーゲンやエラスチンが減少しやすくなります。そのため、たるみ毛穴につながる可能性が高いのです。

  • メール相談やカウンセリングをご検討の方